生命保険で課税控除

所得のあるところ、税金が課されるのは、皆さんもご存じのことかと思います。
これは、日本の税制上で決められていることであり、給与所得でも、あるいは、株などで得た不労所得でも、同じように税金を支払うようになります。

しかし、税制には、課税ばかりでなく、控除という措置もあります。
典型的なものでは、投資に伴う税制優遇措置であり、仮に取引所FXを行えば、20パーセントの比例税であり、なおかつ、損益計算なども認められています。
これは、業者が管理運用しているFXとは、大きくことなるものです。
また、医療費控除というものがあり、年間10万円以上の医療費を支払えば、確定申告をすることで、所得税控除の対象となります。
状況によっては、税金が還付されるようになっています。
実は生命保険も、所得税控除の対象であり、保険料を支払っていれば、所得税控除の対象となります。
サラリーマンであっても、そうでなくても、確定申告することで、医療費控除と同様、所得税の一部が還付されるようになっています。
生命保険は、もしもの際に、保険金を受け取れるものですが、一種の財産投資にも似ているため、所得税控除の対象となるのでしょう。
さらに、生命保険の趣旨自体が、税金を課すのにあまり望ましいと言えず、そのためのお金は非課税というのが、以前から行われている趣旨でもあるようです。
しかし、保険金を受け取れば、所得にも相当するため、課税対象となることは、重々踏まえておくべきことでしょう。
いずれにせよ、生命保険を利用していれば、課税控除の対象であり、申告をすることで、還付金を受け取れるようになります。

このサイトでは、こんな生命保険の課税控除について、焦点を当てています。
わかりやすい説明を試みていますが、皆さんのお役に立つようであれば、作成者として、誠にうれしい限りです。
さらに、お役に立っているようであれば、末永く、お読みいただけたらとも思っています。

便利な生命保険の情報サイト

このページを・・・

Copyright (C)2014どうすればいい?生命保険の課税控除.All rights reserved.